天工開物の宝ペブラック・インは、工芸腕時計巡展でシンセン

本日、スイスの高級腕時計のブランドの宝のペククインは珍奇な時計の落地の深圳を携えて、5つの大きな製表の工芸をそろって、宝のポータブル腕時計巡展を開いています。展覧会は本日から9月4日まで、深圳万象城の一期中室で行われる。開幕活動では、BMWグローバル副総裁兼販売総監のマーカー中国区副総裁、深セン市亨縁起世界名表中心有限会社社長の劉暁明さん、華潤中心総経理のウィーバー社長と一緒に出席した。
芸術のマスター、天工開物の宝のペククインは非凡な工芸腕時計巡展で深センを展示します
1735年に誕生してから、BMWはLeブリウス大複雑な製表の工坊で伝統的な製表の方式を継続して、絶えず精進して、金の像、エナメル、ダマスカスの金、赤銅、活動の人形などの非凡な製表の工芸を同じ屋根の下に集めて、恥じない業界の重鎮になります。今回は、宝石大複雑な製表工坊の金鳥師も展示を行っており、現場ではハイエンドのサービスを提供しています。
「人、神、世界」の三つの究極の命題
表盤の方寸の間は万物を凝縮することができて、宝物の芸術の大家たちは、三大永遠のテーマ――人、神、世界は表の霊感として、腕の間の芸術品の古典を創作する。
人の日夜の気晴らしと楽しみ、豊かな感情を豊かにすることは、最も自信のある題材の一つである。宝の人が最も富んでいる有名な活動人形の三問腕時計は、精巧な金質活動関節で、生き生きとした人間界の万象――ゴルフクラブを振り回している男、生香の春宮図景……。三問声とともに、人形は生命に与えられ、興味を込めている。目を凝らすと、命の奥義を思わせる魔力がある。BMWのマイクロ絵エナメルの高級なカスタマイズ腕時計「梁祝」シリーズは、繊細な人物と色気に染め込んで、自由な愛情を追求する人類の共情を表現し、人間性の美しい永遠の守りを激起します。