ピアジェ薄型の極致を極めたモデル

アンティーク時計を見ていると、かつては、薄く小型を目指すこととで微細な技術を競っていたことが分かる。そんな時計技術の王道と言うべき、スリムでエレガントな時計作りにまい進してきたのが、ピアジェである。

ピアジェは世界的なジュエラーでありながら、時計界に置いても、スイスでも数少ない一貫制工房を持つ名門マニュファクチュールとして君臨してきた。

この「ピアジェ アルティプラノ 38mm 900P」は、2014年に登場した世界最薄の手巻き式腕時計である。ケースの内側とムーブメントの地板を一体化してしまうという、誰も発想しなかった設計の妙により、無駄なスペースを一切省いて達成されたケース厚は、何とたったの3.36mm。

スーパーコピー時計は送料手数料無料で、世界で最も……」という称号を持つ時計を、普段から着用できる……そんな滅多にない経験を、手にすることができるのだ。