ラング目利き学院2015年上海課程を振り返って

外灘半島ホテルで黄浦江の乐士向け文庁内では、学生達が初めて見た当日の講師のスケールをLangeさん。ラングは家族の特殊な身分、スケールLangeもラング目利き学院の発起人は、ラングトレーニングについて豊富な経験を持つ。
授業はドイツタブ入門知識開場を通じてドイツ時計業の発展略史、ゲーラ苏蒂町タブ業構造、ラングは歴史と芸が伝承する内容の紹介、はっきりしたドイツタブの輪郭を描いた。学生達も簡明のおもしろい説明後に胡麻チェーン、一定動力逃げシステム、止まって秒陀フライホイール、ゼロ装置、軌跡月相表示、十進法3問など多くのラング特色技術の更に深い理解があり。
実際の操作は歴代の目利き学院一番期待のコーナー。今回は学生達に挑戦した2つの技術:ボルトと指針の藍鋼プロセス及びボルト摆轮と逃げフォークの調整。