スイス時計工業連合会は3月の輸出データが浅い

3月には、腕時計部の総輸出額は15億スイングで前年比1.1 %減少し、他の製品の輸出額は1億スイング、同13.3 %増となった。昨年4年から今年3月にかけては、「中瑞自由貿易協定」が小幅の安定的な役割を果たしていたが、「豪奢令」の影響で、月が8 %近くから現在の2 %程度に落ち着いた。
表殻材質から見れば、金材質表の輸出は3.88万匹、前年比7 %減少し、輸出総額は5.59億スイングで、同5.2 %減少した。鋼の材質は、輸出額は6.6 %減少した。輸出額は6.08億スイング、前年比2.1 %増、金-鋼材質表の輸出は9.46万匹、前年比で0.4 %増加した。輸出額は2.54億スイング、前年比1.7 %減、他の材質は23万匹、同31 %低下した。データから見れば、鋼の材質の輸出額だけが一定の伸びを持っていて、現在の時計市場の基礎的な需要がさらに明らかになっていることが明らかになった。
輸出目的地によると、香港は3.27億スイングで第1を保持し、同9.3 %増の総輸出額の19.9 %を占め、2月に比べて回復したにもかかわらず、強い伸びを保っている。アメリカは1.77億スイングで2位になったが、前年比12.1 %増となっており、市場は明らかに不調だった。内陸部の合計1.11億スイングは、前年比1.7 %低下し、総輸出額の6.8 %を占め、スイスの第3の輸出国として内陸部の市場表現が一般的である。日本経済の強い回復に伴って、3月の輸出額のうち、日本は1.06億スイングを占め、同31 %増加し、2月に比べて回復が明らかになり、依然として現在のすべての国と地域の成長率は最も高い。また、イギリスやドイツでは、スイスの時計を輸入して1.74億スイングを輸入していて、4カ国以上で8.97億スイングの輸入額が完成し、同2.3 %増加しました。
また、慣例によると、スイス時計工業連合会は製品を価格区間に分類し、それぞれ200瑞郎以下(輸出台数は10.5 %減、輸出額は前年比18.9 %低下)、200 – 500瑞郎(輸出台数は同23.3 %増、輸出額は同23.2 %増)、500- 3000瑞郎(輸出数は前年比4.4 %、輸出額は同5 %減)、3000リ郎以上(輸出数は前年比3.2 %増、輸出額は0.4 %減)、合計輸出数は前年比3.8 %低下し、輸出額は1.1 %減少した。現在の為替レートによると、みずほは人民元で6.98前後で、つまり人民元が14 , 00- 500元までの時計金で、市場需要は非常に強い。
3月の輸出データの分析によると、日本、香港はスイス表の輸入が比率的に伸びているが、2月に比べて落ち込みが目立った。香港と大陸は合計してスイスの時計を輸入して月の4.38億スイングを輸入して、約30.6億元に比べて3 %下落しました。2月のデータはサプライズだと言わざるを得ませんが、3月のデータは何の色もなく、かえって落ち込み、展示会の熱波が冷め始めました。