スイス時計年度の作業者データに焦点を当てる

スイスの時計業雇用主連合会の年度の統計調査によると、2013年9月30日まで、スイスの時計製造とマイクロ機械の業者の総数は57286人で、2012年の同期比で14・70人増加し、2.6 %増となった。過去1年で時計市場の環境が不安定になっていても、アジア市場の輸入額の低下や為替変動の影響が大きいが、この組織は依然としてスイスの製表に対して楽観的な態度を保つことを表明しています。年を経て非常に明らかに成長した後(2011年には従業員が425位、2012年には30・13位を増やした)、昨年の増加は明らかになった。
57286という数字はそれほど大きくないが、これまでに比べて、依然として高い数値:2004年から2008年にかけて時計業は重要な拡張期を経て、2008年に従業員53300人に達したが、経済危機の影響を受けて、2010年には48 548に下がった。新世紀(2000年)初期から現在にかけて、スイスの製表業の進歩は明らかで、この13年間で、この部分の労働力はすでに1 / 3を増やし、2万人近くの職場に相当する。
部門の分業によって、2013年の作業者の成長は製造部門(806人増加)、次いで行政人員(339人)、最終的に管理者(245人)と家庭工坊式の作業者(80人)、パーセント計算によって、2つの職種が大きく伸びた(それぞれ15・7 %)、特に家庭工坊式従業員は、2008年以来、数が足踏みしていて、今年になってようやく突破した。