人を魅惑する月相:第5回朗格制表大会が盛大にスタートする

デンマーク、ドイツ、オランダ、スイス、フランス、フィンランド、アメリカの8人の若い製表師とともに、10 , 000ユーロのボーナスを競った。彼らのタスクは、毎月の月相装置を作ることである。これはフェルディ南多・アソフ・ラン格(FerdinランドA . Lange)が命名された試合で今年で5回目になった。
今年のラン格製表大会(F時計工場を見学した後に、彼らは異なった労働者の内で自ら修飾したり、円紋や彫刻などの様々な装飾技術を試してみた。参加者には、振り込み板を手に入れたり、ラグを組み立てることが必要です。彼らはさらに、ラン格の製品と開発された総監安東ニ・ドハスとブランドのベテラン顧問との話し合いをしています。彼らはゲーラのソティ時計博物館を見物しており、ドレスデンの数学物理サロン(Dreen Mathen Mathanmatics and PHsics Salon)によって、全体の活動に成功した。