GARARD – PerREGAUXのモットー

今年の各ブランドは心が鋭いようで、特に相対的に独立したブランドが、ブルーの宝石の水晶を使って殻を作り、例えばボブ、フロンカーなど。ヒノキも後人に甘んじることなく、1枚目のブルージュエルの時計の腕時計Quasaを作った。「両手を露にする」のために、透明な表殻ごとに200時間かけて生産し、曲面の複雑な表殻や時計耳はすべてブルーの宝石水晶で作られ、工事は大きな拍手に値する。

腕時計は直径45 mm、内蔵陀飛輪自動機軸、チタン金属三橋はPVDで処理され、アーチの輪郭は2015年の設計に由来しており、旧日の直線的な構造よりも豊かで、黒売りしても表殻をはっきりさせて対照的である。