ファーウェイは中東地域で新モデルS携帯とW W時計を発表

中国ファーウェイ会社きゅう、く月さんじゅう日ドバイ首長国連邦中東地域向け発表した新型スマートフォンMate Sし、同期発売傘下初の知能W1ファーウェイ腕時計、灣岸地区の主要パートナーとメディアの代表約500人が出席した新商品発表会。
夜の発表会のテーマは「タッチの力」。ファーウェイの消費者業務グループである中東地域の副総裁さんは、ファーウェイの業務にとって戦略的意義のある市場であると発表した。今回発売された株式のS Sは、より多くの革新的な設計と技術を集結させ、ユーザーの設備に対する体験とインタラクティブな方式を変更することを目的とし、豊富な機能の同時に使用性と創造力を強化する。そしてファーウェイ時計設計の中ではより多くのユーザーを違う好みのカスタム需要は、伝統的な経典の円形の文字板デザイン、ガンダムよんじゅう様々な表面の心の切替やさまざまな素材、色を選ぶユーザーバンドを満たすために、技術、ファッション、センスの完璧を求める。
ファーウェイ端末中東総裁焦健、ファーウェイの知能電子製品は近年、特に中東灣岸地域市場パフォーマンス抜群、販売の業績は成長を続け、彼は今回発売した新型携帯と信じて時計会令のローカルの消費者のファーウェイの技術の実力を深く認識。
ファーウェイは、世界的にリードしている情報通信技術者として、10年以上は中東各国との電気通信事業者との協力が増え、特に近いうちに端末製品市場でのパワーが注目されていることが分かった。2013年からファーウェイ昇進世界スマートフォンの出荷量が3位で、これまでMate7、栄光ろくなどファーウェイ携帯もアラブ首長国連邦、サウジアラビア、エジプトなど中東諸国の黒い販売業績を得た、市場シェアは上昇し続け。