リオデジャネイロ五輪開催記念、「オメガ」限定ウォッチ発売

【8月17日 MODE PRESS WATCH】「オメガ(Omega)」は、リオデジャネイロ五輪開催を記念して、五輪の歴史、計時の正確さ、そしてスポーツの素晴らしさを祝福するモデル「シーマスター ブルへッド リオ 2016 リミテッドエディション」を発売した。

ブルーのレザーストラップは、リオデジャネイロ五輪のロゴを象徴し、ストラップには五輪カラーであるイエロー、グリーン、レッド、ブラックのステッチが施されている。また 60分スケールの両方向回転インナーベゼルにも、これらの5色があしらわれている。さらに、五輪のロゴが意味する団結と協調というテーマをこの時計の中に見る事ができる。

“ブルヘッド”という名前は、元々当時の時計コレクター達が、ケースの形が“雄牛(ブル)”の“ 頭(ヘッド)” の形に似ていることから敬愛して呼び始めたニックネーム。これまでの「シーマスター “ブルヘッド”」同様、「シーマスター ブルへッド リオ 2016 リミテッドエディション」も、クロノグラフ針と12時位置の30分積算計が特長になっている。「オメガ」独自の自動巻きコーアクシャル キャリバー3113を搭載したこのモデルは、ケースバックにはリオデジャネイロ五輪のロゴがあしらわれており、コレクターズアイテムになることが必至のモデルだ。

今回発売になった「シーマスター ブルへッド リオ 2016 リミテッドエディション」は、わずか316本の世界限定生産で登場。この316という数字は、“2016”年という開催年と、五輪大会でゴルフが正式競技となったのはリオが“3”回目であることに敬意を表している。