和風エレガントエルメスジュエリーウォッチシリーズ

てまり(てまり)は日本の伝統的な手工芸品で、着物と密接な関係がある「ハンドボール」を意味します。残りの絹の着物を縫うだけで、法廷の人々に愛されている小道具を作ることができます。複雑な幾何学的な線の刺繍とパターン、調和のとれた色合わせ、洗練された洗練されたものを開発するためのステップごとのシンプルな刺繍。これらの祖先の毛沢東の職人技は、エルメスの正方形の絹の布の作成に影響を与えました。その1つは、現在、アルソーの時計シリーズによって再解釈されています。ウォッチはホワイトゴールド製で、限定版が発行されます。ダイヤモンドは雪片の象嵌に合わせてパヴェセットされています。文字盤は、ダイヤモンドと白いマザーオブパール、瑪瑙、ラピスラズリ、またはオパールを組み合わせ、繊細な象嵌プロセスでヘアボールパターンの1つを再現します。

スノーフレークインレイのテクニックに関する特定のガイドラインはありません。各宝石は職人が個別に選択してインレイします。ドリルの爪を1つずつ切断して、調和のとれた全体的な効果を形成するために、各ダイヤモンド粒子を接続する必要があります。これは、各時計の特徴です。場所。経験豊富な宝石のインレイヤーは、1ケースあたり700宝石以上を設定し、ほぼ3週間かかりました。

各時計の文字盤は、伝統的なダイヤモンドの象眼細工と細かい石の象眼細工の技法を使用して彫刻されています。この時計を例にとると、形状とサイズが異なる20個の宝石が1つの宝石から削られているか、または細かくカットされたマザーオブパールプレートから作られています。パーツは、はめ込まれた文字盤上で独立して組み立てられます。細かいサイズの宝石は壊れやすいため、これら2つのプロセスには高度な精度とスキルと器用さが求められます。ミニチュアの建物のように、それぞれの部分が図の席を占め、感動的な風景を構成しています。豪華で高価な素材、これらのパターンとの魅力的な対話。伝統的な職人の技とプロの知恵が出会うとき、両者は両立し、これらのユニークな創作のための日本の宮殿の栄光と壮大さを加えます。