宝庫は専属芸能品シェルダーの赤銅の絵腕時計を作る

ブラックインは今年280周年の重要なマイルストーンで、第1度は東方古代法の芸を世界で知られる西洋のダマスカスの金鳥やエナメルカラーを組み合わせた。ダマスカスの金彫刻を本来の平面的に叩く金彫刻のほか、立体的な浮面彫刻に発展したほか、東方が再び西洋に出会って完璧な橋になる。エキサイティングなインド象の神、弁のラララ-魚の躍竜門、ヤギ-揚眉吐息、松柏の長青、エジプトのスチュ-守財神獣の5つのマスク。さまざまな図案を駆使して、ブラックピインの繊細な金像と赤金銅の色に優れている。
ブラックパインは、彫刻、エナメルカラーのほか、ダマスカスの金糸入り腕時計として有名で、2015よりも日本に由来する『赤銅』の彫刻技術に入った。赤銅は銅と黄金によって作られたもので、青と黒の間で取得したダーク銅の緑が、成分や構造によって異なる変化合金の産物を生み出している。
金属を暗い銅の緑にしなければならなくて鈍化処理を経て、鈍化する過程は乙酸の銅(灰緑)を使用してまたrokishの当事者の溶剤と称して、このプログラムは日本の伝統工芸の中でまた緑の青と称して、黒色の部分の深さと鮮やかさは更に溶剤の倉庫の階層の多寡によってかかっている。歴史上の赤銅工芸では、刀剣や装飾品、アクセサリーなどを製造していたが、職人たちは赤銅の作品に彫刻や装飾芸術を取り入れている。