精工はどのように自分をロレックスにしたのですか?

精工は日本の時計の中の代表作で、実は1881年にこの世界にひっそりとやってきたが、1964年の日本東京オリンピックをはじめ、日本表としてのオリンピックの上で最も厚い血統の優勢があった。その後、69年には世界初の指針式石英腕時計が登場し、バタフライ・エフェクトでの蝶のように、石英の嵐が世界を席巻していた。
007は世界では衰えぬ映画のイメージで、毎回この映画の上映が話題になっている。しかし、20世紀の70年代半ばになって、石英の嵐の爆発によって、スイスの時計はずっと低くなり、日系の石英表がそのクライマックスに入ってきた。1977年、1985年に007に出演した主人公たちが精工腕時計を選んだ。1989年の『殺人免許』でロレックスに戻り、その後はみんなが知っているオメガになった。
007の映画でロレックスの「茶碗」を奪い取った後、精工は「GRANDSEIKO」のシリーズを制作している。このシリーズの登場では、スイスの名手の実力がある。このシリーズは、「世界で最も優れた実用的な腕時計」を作ることである。これはちょっと聞き覚えがありますか。世界中の公証の最も実用的な腕時計はロレックスで、精工「ねらう」ロレックスの地位はすでに長い!