どうしてツンドラを知っているのですか。

ツンドラといえば、少しだけ時計を知っている人が頭と道を話すことができる。しかし、カロゲンといえば、何かを聞く人がいるかもしれません。実はカロゲンやドッカと同じように、地心の引力に対する対表の影響を抵抗するためであるが、なぜあなたはドッカを知っているのに、必ずしもカロ素を知っているとは限らないのですか?
地心の引力を解決するため時計に対する誤差を解決するため、宝玉さんは1795年に陀飛輪を発明し、1801年にパリ特許局の特許を獲得しました。しかし、あまりにも複雑すぎてコストが高く、1986年には約2百年の間に、その装置を含む数百枚の時計が製造された。ドッパのように地心の引力に対抗できる、価格が人に受け入れられる特殊な捕り機構をつくるため、カロゲンが生まれた。カロ素の発明者は、Bhen Bonnicsenという名のイギリス(当時の懐表位置鐘大国)のデンマーク製表師で、ロンドンで時計学徒で、1892年にカロゲンを発明し、同年11月にイギリス特許局の21121号を取得し、生産を投入し、「The Karissel Watch」という本がありました。
カロ素の回転支柱の下端には、空心軸を一段伸ばして、その下で一輪の片をつなぐ。輪片と三歯の軸がかみ合っている。回転軸の軸は板を通り抜けて、後部は支えとして、回転支柱とホイールの2に対して、押した面の役割を果たす。四輪軸は、回転支柱の下端の伸空心軸を横切って、回転支柱の中で捕らえた縦歯の軸とかみ合っていて、四歯軸は支柱の外で三輪片とかみ合って、三輪の量を捕らえて縦輪に渡す。4つの軸は4輪の片を通して運動を捕ることによって縦横の歯の軸に伝わって、飾り軸は回転支柱と四歯の軸では同心である。回転台は4輪軸で直接駆動されていないため、回転支柱の回転速度は常に4輪軸より低くなります。そのため「カロ素」の伝動設計は、実際には差動惑星の輪系である。