宝のペ・ブラック・イン「芸術のマスター」は芸術的な優れた品――巨大な波の腕時計が現れます

青い波が押し寄せた波律動の中から、創作のインスピレーションを汲み取り、宝石・ブラックイン「アートマスター」のスタジオで発表された大波工芸腕時計(「Greet Wave」は、初めて斬新かつ適切なメキシコ銀曜石を採用し、また、人に尊崇され、業界トップクラスの「ジュネーヴ時計大賞」に肯定的なBlanpin独自の工芸である日本のrokishは緑灰溶液の鈍化処理工程。
銀曜石は静心寧神の効果として知られ、半透明の火山岩である。石体には密雲状の銀点が分布しており、その神秘的な色沢が宝石に一脈独特の典雅な味わいを注入し、ブラックペイン「芸術マスター」たちに新しい腕時計を作る理想的な素材となっている。この洗練された石材は、新金「巨波」腕時計のプラチナに刻まれた基礎の部分を用いて、この独特なイメージを作るために、他にも多くの人気を集めている。表盤を作る際には、まず組立部品が赤銅ベースに固定され、その後、日本のローストサイドの銅の緑の中に浸かって、独特の緑の色をつくる。また、一部の浪花に対して放光処理を行い、瞬時に大波巻きが湧いた質感を強め、最後にメキシコの銀曜石に切り詰めた。
ブラックパイン「Greet Wave」「大波工芸腕時計は金彫刻の技術を通して、表盤に白金の彫刻の波で銅の色を転がっていた。日本の画家の葛飾北斎(Houi)から作られた木刻版画『神奈川の大波』(GrランドWave)。「静中見動」の視覚的な美しさは、色調の神秘的な神秘的な表盤と相まって、波が動く力感と、動感の美と銀曜石に代表される純潔な調和が鮮やかなコントラストを形成している。
この一連のステップは完璧に「静中見動」の視覚的な美しさを作り、色調の神秘的な表盤と色づいている。表盤には、白金彫刻の波が青々としていて、その外観彫刻は日本の画家の葛飾北斎の創製した木刻版画『神奈川の大波』(GrランドWaveのKangara)をモチーフにした。ブラックペイン「金属彫刻」の神技処理のもと、波動の力感と躍動感と銀曜石に代表される純潔な調和が鮮明なコントラストを形成している。