ロレックス ディープシー Dブルーのグラデーションが変わっている!

3900m防水!とんでもない数字ですね。一般的にダイバーズ時計に必要な防水性能は最低でも200m以上、300mあれば十分といわれますが、ディープシーは3900m。文句なしで究極のダイバーズ時計といえます。
ロレックスのダイバーズモデルの代表格・サブマリーナでも300m防水ですので、ディープシーがいかにすごいかが分かるわけです。9時側のケースサイドにある、ヘリウムガスエスケープバルブが高い防水機能を可能にしています。
D-BLUEダイアルは2014年に発表されたモデルですが、ジェームス・キャメロンの功績を讃えて表されたモデルです。マリアナ海峡の底に単独潜水で到達した記念に作られました。
綺麗なブルーグラデーションは2014年のリリースから3年余りが経過した今でも人気は非常に高く、正規店ではなかなか手に入らない状態が続いており、並行店に入荷してもすぐに売れてしまうといった印象です。
黒文字盤と比べて製造期間が短く、タマ数も少ないため並行店の中古品でもいまだに定価以上のプレミアがついている人気モデルです。
そんな人気のDブルーですが、ここ最近(今年の6月頃?)からダイヤルのグラデーションの仕様が変わっているようです!!裏はとれていないので絶対とはいえませんが、比べてみると違いが良く分かります。今回は新旧のダイヤルの違いを画像で比べていきたいと思います。