時計メーカーDubois Deprazキーモジュール

多くの企業の発展と西洋の源流と命名のように、DD会社の創始者でMarcel Depraz 1901年に創立され、自分のタブ工房を始めジュネーヴの大ブランドのいくつかの部品を提供する。後に伝えた自分の婿Reynold Dubois、会社の名前になったDubois Depraz。今の企業の管理者はReynold Duboisの孫とトリシェ総裁は、Pascalフィリップ・(下図)。あの二人は兄弟Pierreも読んで経済学出身の、オーデマピゲ担当CFO 2004年設立まで構えるPierre DeRocheタブブランドももちろんDD社の忠実な顧客の一つ。三人兄弟の父Geraldも世界を参与会社管理と呼ばれ、カウントダウン博士の彼は1956年に開発した初のカウントダウンモジュール自動装置、世界タブ史に殘した自分の名前。
兄弟二人は会社を110年以上も高品質の評判を非常に重視して、彼らは「もしが心配する1項の制品の品質を、むしろこの製品は生産」。一つの悪い製品、会社の百年の声誉を壊すことができる可能性があります。DD会社は厳格な態度で、抜群のモジュール開発能力と効率的な生産能力で世に名を知られる。彼らの業務に限らずタブ工業、ロジテック会社の第1匹のマウスを探してDD会社OEMの。腕時計の分野では、通常のやり方は、DDエタなどの会社から購入仕掛ムーブメント、その上にインストール自分の機能モジュール、腕時計ブランド売却。下図を殘して会社でDD勒工場の内部に写っていた会社をオーデマピゲのロイヤルオークと芝柏のあるアイテムをムーブメントとモジュール定制化生産の図面。