Apple Watchはスマート腕時計市場の救世主ではありませんか?

CCS InsightのBen Woodは「Apple Watchが焦げているというのは、まったくのでたらめです。これは史上最も成功したスマート腕時計です。販売量は他のライバル商品の総販売量の2倍以上です。しかも発売期間は3ヶ月しかなく、供給量が限られています。
スマートウォッチ市場のパイオニアPebbleは市場で3年間の販売台数が100万円しかないです。GoogleのAndroid Wearは多くのメーカーから支持されていますが、去年の販売量は800,000しかないです。供給不足のため、Apple Watchは主にオンラインショップで販売していますが、どのスマートウォッチよりも消費者に人気があります。
参照として、Apple Watchが発売されて3ヶ月間、Apple WatchをサポートできるGardian iPhoneのアプリユーザーの1.8%がApple Watchを通じてGardianのコンテンツを取得しており、Android Wearユーザーにはこのような状況はない。
アップルはスマートウォッチ市場に進出しても競争に有利で、市場のスマートウォッチ意識を高めて、これが潜在力のある市場であることを証明して、iPhone以外のユーザーの興味を引き起こすことができます。Ben Wood氏は「アップルのApple Watchの販売量はサムスンとGoogleがこの市場を続けていくには十分ですが、スマート腕時計が最終的にヒット商品になるかどうかはまだ確認できません。」
現在のスマートウォッチはまだ非常に小さい商品です。多くの消費者は彼らがどうして150ユーロ以上を使うべきか、またはより多くのスマートフォンのアクセサリーを買うべきかを知らないです。
スマートフォンの通知、振動などの影響を避けるためには、現在のスマートウォッチの重要な機能の一つですが、これらだけでは消費者に数百ユーロをかけるには足りません。そのため、スマートウォッチの将来の運命や形、機能などは議論が必要です。