ブレゲ手を携えてサンフランシスコ芸術博物館で開催中の特別回顧展

この展覧会に出品される作品はこの大発明家の手による、彼に重要な影響を生みましたカウントダウンプロセス。タブの主要な特徴の一つはそれの二重性:両方の科学技術の範疇に属して、同時にまた1門装飾芸術。今回の展示作品品質卓尔非凡で、科学の産物であり、芸術の逸品。それらは名声が高いの歴史上の人物が所有し、栄光淵源はさらにその魅力を添えた。阿伯拉ハンコック-ルイ・ブレゲ広くは有史以来最も偉大な時計職人。1747年生まれ、ブレゲ大師スイスの纳沙泰尔(Neuchâtel)。1775年、彼はパリ自分の事業を、技術と美学のレベルをタブ業に革新。彼は人間関係の鋭い洞察力は更に令彼はいろいろな国で名声を博して、そしてと同時代の多くの偉大な人物を確立し。1823年ブレゲ大師が亡くなった後、世人が完全に理解して彼はタブ業の各分野での顕著な貢献、後代の人とその後継者をずっと求めて今。
本展は、違うテーマで展示ブレゲ大師の生涯をかけ、最もシンプル(単指針懐中時計)高複雑多重表示機能搭載モデル)表から純技術型時計(航海鍾)から美しい飾り時計(たとえばトミー帝国のThomire铜质表項)、こうした例はまだたくさんある。それぞれのテーマとそれぞれの作品は最も簡明やすい形で現れ、来場者は「わかりやすくpep E tuelle」が自動的に懐中時計「陀はずみ車」装置、「Subscription watch」単指針懐中時計、Tactタッチ表及び三問表など。タブの美学の面でも生き生きとして解釈を得たこそ、ブレゲ大師はタブ業を起こし新古典主義芸術運動。その影響で、時計の外観をさらに薄型で含蓄があって、無繁雑大げさな飾りを作った1種はすぐに、全体のタブ業堰の純粋なスタイル。旅行の鐘はブレゲ大師の別の一つの発明は、銅で作られ、飾りは復古する風格のネジを柱と頭文字。見学者によりブレゲとその家族の生活の足跡、復習じゅうはち世纪末じゅうく世紀のヨーロッパ歴史、特にフランス大革命の時代に、ナポレオンが徴途及びその後のウィーン会議など。ナポレオン・ボナパルト観賞将軍(ゼネラル?Napoleon Bonaparte)の遠徴エジプト先日購入した旅行鐘時、来場者には高めて引き起こしアントキ場面の限りない思い。展示された多くの時計もかつて歴史上の華やかな人物が所有し、を含むジョセフィン皇後(Empress Josephine)、ナポリ女王(『オブNaples)、イギリス国王ジョージ4世(キングGeorges IV)とロシアツァーリアレクサンダー(Tsar Alexander 1 stオブRussia)なども、彼らはブレゲ作品の忠実なファン。最後に現れたのは一部の展示賛嘆の現代の作品、ブレゲ会社は1920~1930年代期間の製造、中から垣間見装飾芸術ブームの影響。
今回の「ブレゲ:タブ芸術と創造」テーマ展はサンフランシスコ芸術博物館と世界のトップブランドブレゲ時計全力合作の結晶。「間違いなく、サンフランシスコ芸術博物館はこの展覧会はその重要な展覧項目は偶然で。が展示された作品ではそのブレゲの時代の革命の意味、はだし近年シリコンバレーの発明した製品は、今の時代の革新の意味、いったい、どこよりもサンフランシスコこの伝説の城に適してこれらの作品を展示。ブレゲ大師は一生こつこつと新しい技術方案、新しいツールと新しい用途。彼は革新を恐れず、徹底的に転覆しても恐れはしない。」(ブレゲ社長兼CEOのマーク・海耶克Marc A . Hayek)