ムーブメント製造の旗艦、ヴォーシェ

2003年にサンド・ファミリー財団によってパルミジャーニ・フルリエのウォッチメイキングセンターの旗艦部分として再編されたヴォーシェ・マニュファクチュール・フルリエは、200名強の従業員のうち約150名が主にパルミジャーニ・フルリエの自社製ムーブメント作製に従事している。

同時にヴォーシェ製モジュールの完成品供給先リストには、リシャール・ミルのような素晴らしいブランドが数多く名を連ねる。そしてそのうちのひとつが、ラ・モントル・エルメスであり、その親会社のエルメスはヴォーシェの資本の一部を保有している。

パルミジャーニ・フルリエの熱心なファンであればご存知のように、工房見学時に筆者が着用していたトリック エミスフェール レトログラードに装備されている着け心地の良いアリゲーターストラップは、エルメスが供給している。つまりストラップはウォッチメイキングセンター所属の会社製ではなく、エルメスのスイスの皮革工房からの供給なのである。

時計製造の歴史の長い町で創業されたヴォーシェ。その本社はボヴェやショパール、リシュモンのムーブメント製造拠点、ヴァル フルリエなどの同業他社に囲まれている。NOOB製の【Tag Heuer】タグホイヤーコピー|タグホイヤースーパーコピー等のブランド時計を販売しています。[NO.1]