歯車のポリッシュといった繊細な作業も

工作機械は自社製を主に、外注する際にも厳しい基準を設け、スイス国内で作らせることで、自国の産業を支援している。

だが、機械的な側面はアトカルパの全体の一部でしかない。同社では装飾工房で職人を雇用し、社内で作られたパーツにハイエンドな仕上げを手作業で施している。とはいえ、パルミジャーニ・フルリエのムーブメントにおいて「見せる」部分とも言えるギヨシェやコート・ド・ジュネーブ、その他の装飾は含まれず、それらはヴォーシェ・マニュファクチュール・フルリエで行われるのである。

ではアトカルパではどのような仕上げを行なっているのか。ここでは特に手先の器用さが求められる複雑な作業、つまり歯車の歯の間のポリッシュ仕上げなどがその例として挙げられる。

従業員約140名のうちたった3名だけが、この作業をやり遂げることができるのだ。これらの行程は外観的というよりは機能的なもので、歯車同士の摩擦を減らすことが目的である。結果としてトリック エミスフェール レトログラードのパフォーマンスとレトログラード針のなめらかな動きにも貢献するであろう。NOOB製の【Hublot】ウブロコピー|ウブロスーパーコピー等のブランド時計を販売しています。[NO.1]