世紀の腕時計、七色は美しくて、女の人は愛しませんことができますか?

世紀表の最も特別な点は、その表殻にあります。世紀に独自に開発されたサファイアを表殻として採用しています。世紀のサファイアは天然のサファイアではありませんが、その光学的性質は天然のサファイアと同じです。その莫氏の硬さは9で、莫氏の硬さに次ぐ10のダイヤモンドです。だからサファイアに対して研磨切断するのはダイヤモンド切断技術を採用しています。世紀のサファイアはこのように独特ですが、創始者のHans-Ulrich Klingenbargはこれに満足しないで、絶えず研究して、サファイアのために絢爛な色を与えました。
このシンプルさの中には華貴感のある腕時計があります。全部の手で切って磨きます。赤い宝石のケースは色とりどりの視覚的衝撃を与えます。上質なクロコダイルの皮のバンドは、材質が柔らかくて靭性に富んでいます。簡単に、デザイナーは目盛りを捨てて、針を二つだけ残して、宝石の赤を完全に残しました。このような精巧な時計はもう腕時計で家から来られなくて、もっと貴重な宝石のようです。