軍表の魅力を拒否できる男は一人もいません。

今日は八一・建軍祭です。国民にとって特別な意味を持つ日です。この特別な日には、さっそうとした軍隊人たちを除いて、軍表もこの祭りにふさわしいです。
軍表の出現は最初は軍事の需要から源を発していました。以前は軍人が着用していたものがほとんどでしたが、今は運動風腕時計の中にも場所があります。
軍表の歴史は長くて、第一次世界大戦の時にすでに軍表が現れました。この軍表の重点は歩く時に正確な上にあります。第二次世界大戦の時まで、軍表の機能は更に完備していて、夜光、羅針盤などの実用的で強い機能が現れ始めました。
第二次世界大戦の時、イギリス国防部はスイスに腕時計を注文して、関連している標準を制定しました。つまり、有名なW.W標準です。腕時計の正確さ、信頼性、耐久性を要求します。同時に、黒い文字盤、アラビア数字、蛍光時の針、蛍光時の目盛り、軌道式の分周、壊れやすいサファイア水晶の鏡とステンレスのケースを持っています。これも今の軍表の大部分の風格を打ち立てました。