豪雅TAG HeuerとF 1モナコグランプリの縁が深いです。

TAG Heuerの血の中の至善と勇往邁進の精神はモナコグランプリと脈々と受け継がれています。モナコグランプリは一級方程式シリーズの中で一番美しい風景と一番刺激的なコースを持っています。そのために「一級方程式王冠の明珠」と呼ばれています。半世紀以上の建設以来、モンテカルロのコースはほとんど変更されていません。コースの長さは3.3キロしかないです。そして、走行速度はF 1の多くのコースの中で一番速いわけではないですが、全体の78回の回り道は狭くて、多く曲がって、車を追い越す困難なコースの中で行われます。たとえ小さなミスであっても、致命的です。全体の試合の中で、ドライバーは平均的に3000回のギアチェンジをします。これはドライバーとレースにとっても大きな試練です。このコースは運転手たちの悪夢であり、彼らの天国でもあります。モンテカルロの沿線の風景は実に多くないです。途中で急峻な山の斜面、狭い道、ヨーロッパ式の民家、豪華なカジノ、そして欠かせないレーシングマニアの観衆が随所に見られます。