中国の混沌の時代の贅沢品の開発

中国で消費者のモンブランはまだ慣れないの時、国瑞信選ばれしモンブラン大陸で市場の代理店。その年じゅう月を締結し、双方が無期限の授権書:「モンブラン太平洋有限会社現委託上海国瑞信時計有限公司中国小売市場開発及びアフターフォロー。」双方の会社名を含め、当時の授権書は40個もない。手執無期限協議の国瑞信会長朱兴宜からモンブラン「合わせ」、開発ルート。
朱兴宜では市場開拓をまく幾千万の「元」後、2006年からは彼の利益モンブラン。可槿花一日の栄、2007年ご月じゅうご日、モンブラン中国会社によると、朱兴宜から未モンブラン会社設立に同意し、勝手に販売店には、デフォルトの先で、かつ不正利用モンブランの商標の知的財産権を侵害したモンブラン、石宝龙国瑞信出荷停止を決め。これは「離婚」という訴訟になった。
この場に「断供」案、朱兴宜は「例えば鉱山を採掘する、初期投資の全、代理店は引き受けて、今にも出力時、代理店は「やめろ」と一喝され。」
国瑞信の代理弁護士、上海金茂弁護士事務所のパートナー陈志清「毎日経済新聞」は、「モンブラン切れ供」についてはまだ明確に進展が先日、彼はモンブランこの「規範」行為クレームから商務部。「モンブラン契約の終瞭について、国瑞信で堅持して3500万元の賠償。」
モンブランだけではなく、今も「国瑞信で契約が切れる」などの理由でもう代理美度、Movadoなど時計ブランド。次々に舎てにされた後、朱兴宜から代理店にブランドメーカーの転換。調査によると、2007年から、国瑞信参加ブランドと協力は一つの条件は、「必ずホールディングス」、これを言葉の権。