この外国人グループは、中国の時計を「盗む」だけです!

言うまでもなく、改革と開放の初期の頃、Made in Chinaには「安い価格」という利点と「商品は十分ではない」という批判の両方がありました。 しかし、今日まで、中国製の製品は急速な進歩を遂げており、このスティグマを取り除き、海外にも多くのファンがいます。
Atelier Wenは、2人のフランス人の若者、Robin TallendierとWilfried Buironによってクラウドファンディングプラットフォームを介して作成されました。 これら2人のフランス人は中国文化の熱烈なファンなので、アトリエ・ウェンは内側から中国スタイルを持っています。
ブランドが発売した最初のシリーズは「磁器の旅」で、名前が示すように、伝統的な中国の磁器文化をセラミック文字盤で表現することです。 ケースは316L日本製で、50メートルの耐水性があります。 直径は39mm、厚さは11.7mmで、ケースは鏡面研磨されており、ラグはブラッシングと研磨が施されています。 とてもデリケート。 このシリーズには、青磁と白磁の2つのモデルがあります。