スイスの老舗時計ブランドとフランスの最高級音響メーカーによる

「ユリス・ナルダン」は1846年に時計師のユリス・ナルダンが23歳で創業し、高性能なマリン・クロノメーターで高い評価を得た、自社一貫生産体制を整えるスイスの時計ブランドである。同じく高級志向で高性能を追求するフランスのオーディオメーカー、「デビアレ」とのコラボレーションを実現。世界限定85本のストライキングウオッチ(音を鳴らすことで着用者に時刻を知らせる腕時計)「アワーストライカー ファントム」を発表した。価格は924万円(予価)。
デビアレのエンジニアなどが、ユリス・ナルダンの音専門の時計職人と緊密に協力し、ユリス・ナルダンのストライキング機構で生じるオーディオ・シグナル・チェーンの各ステップをチェック。機械式時計の最高記録を誇る、100mmで85dBを実現した

「アワーストライカー ファントム」は、ゴングのヒールがトーション(ねじれた)アームシステムで固定し、ゴングの振動によって生じた力の向きが変わる。また、ゴングによって生じた作用力が時計の外側に向かって移動し、その力が、トランスミッションアームによってケースバックにある薄いメンブレン(膜)に大きく伝わる。メンブレンは表面積が大きいため、大量の空気が動き、大きな音になるという仕組みだ。また、メンブレンの下には8つの開口部を設けており、このメンブレンを通してケース外へと音が伝わる。そしてポリッシュ仕上げを施した43mmのチタン製のケースも音を増幅させる効果をもたらし、85dBという他の時計では類を見ない大音量で音を響かせる。