人は中年になるとますます気品があって呉秀波の腕間記を分かち合う

「お金があれば、おじさん、お金がないのはお母さんのおじいさん」と言う人がいるが、これは話が粗雑で、今の生活の常となる。もちろん、私たちはこの言葉の意味を否定できないし、全然認めてはいけません。ある人は生まれながらに独特な魅力があり、主役の光の輪を持っていて、たとえ人が中年になっても同じようなものがある。

 
普通の人はまだこのようにして、ましてスター、スターの中でいくつか公認のおじさんのイメージがなくて、呉秀波のようで、“呉のおじさん”と称します。ドラマでも映画の中でも、呉秀波の素晴らしい演技は皆さんに共感をもたらしてくれているが、このような優秀な俳優は、「前半」は数奇な変化があり、16歳から鉄道文工団に参加して、レストランに駐在し、2010年までの42歳の呉秀波が「夜明けの前」に出演して、スクリーンの新貴となっている。確かに中年になるが、ますます魅力的で、気場十分で、おしゃれにも紳士的な味わいがある。

 
年齢の問題で、呉秀波の作品の中では中年男性の役が多く、劇中では常にBPPPTを着用することが多い。BMWのブランドの親友として、ラインの下で活動していても、店の祭典が開業しても、作品の発表会でも、腕の上では常に1枚と組み合わせた宝物時計が見られる。

 
『離婚弁護士』では、呉秀波さんが弁護士の池海東を演じ、腕の間には常に宝石8日の動力貯蔵腕時計を身につけていた。この腕時計は、ブラックペストインの特徴を持つ双層表輪デザイン、柳の葉針、大明火エナメルプレートなどを持ち、8日の長い動力のエレガントなフロートドッカと超大視窓を配合し、呉秀波の魅力を示す熟男気質と男神の魅力を示している。