時計をはずす!今回,私たちは事をうまく得た

幸い、初めてのインタビューで、北京の首席時計修理師に会うことができました。だから、専門の厳格な編集者よりも、私が見ていることをお客様の視点から述べています。李さんは非常に和やかで、中年の様子は、顔が丸くて、口元がよく笑っていて、話をすると恥ずかしそうに頭を下げていっても、もともと考えていた修表匠師とは違っていて、北亨の雰囲気もとても楽な状態になっています。つまり、修表というものは、ぼんやりしてやってはいけないし、ゆっくり仕事をするのは、先輩たちの胡諏のようなものではない。
もちろん、時計が好きな人がいないというのは、ヒーターを知らない人がいません。首席時計修理師については……。多くのブランドは自分の“首席”があることができて、病院の主刀医に似ていることができて、しかし李さんはただ門店の首席だけでなくて、更に北京市政府から授与された首席時計の補修師である。私は李さんが選ばれた基準が何なのかを聞いて、先生はにこにこして「私も知らない」と言った。何秒も気まずくなった光景に、小熊さんはもう一言で言えば取り外してしまった。
しかし、この時になると、実際には、実際には、実際には、実際には、ネット上では、ハイビジョンの美しさを発見することができます。注意深い読者は、それぞれの図の中には、すべてのタイプのピンクの手の出国を見つけることができます。先生は本当に仕事をしていると心が見えないので、カメラがあっても腰をかがめて机の上で乾かします。多くのときは大きな粉手と長い前髪を除いて、何も見えません。