大聖堂からの快響HUSTT宇渡表2015制表教室は普通の聴覚の宴を超えている

1980年にスイスのニヨンで創立されて以来、宇舶表は天然ゴムの表帯で貴金属の素材を組み合わせたもので、当時の製表史では開闢地の「融合」の先例を作った。これからは、自らの再生や復興を表す「融合の芸術」を代表して、宇舶表の追求を怠った。普通の奇抜な思妙に比べて巧みな工芸品に出会いたいと思っていたら、「融合した芸術」への探求は、「大聖堂の明るさ」から、時間を流れる音が感動的である。
「より多くの製表の伝統、より多くの先進工芸、より多くの開拓革新、より多くの大胆な試み、より多くの融合!」これは、2010年に新たに設立された複雑な腕時計部に対する激励である。これからは、宇舶表世界最高経営責任者のリカド・ダルダーさん(Mr . Ricardo Gudo Gueralupe)のリードで、高級製表の分野で初の複雑な機能を三問する機能に挑戦した。この機能は、部品が多くて、運行が複雑で有名で、手製時計の工芸水準を試練としているが、時報の音もブランド製表技術の極致となっている。また、宇舶来表は、絶美な音色を追求し、心を動かす音を追求し、唯一の宇舶表音楽の世界を実現する。
一年後だけで、宇舶表は高複雑な腕時計分野での新たな突破をもたらしました――王者の至尊の大聖堂と柱輪のカウントダウン番号を持ってきました。この腕時計集は2つの高い複雑な機能を一つにして、ブランドの独創的な炭素繊維機を切り開いて、伝統的な製表と未来の科学技術の融合典になりましたその鳴奏の音は素晴らしく、心を動かす。三年後、大聖堂の三問陀の腕時計を融合させて出世したのは、俗っぽい絶妙な音色に多くの見識者を絶賛させたが、その背後には、夢を現実としたたゆまぬ努力が込められている。この腕時計はより圧倒的な優勢で14回目のジュネーヴの高級時計の大賞「ベスト・タイム賞」の栄冠を誇り、宇舶表が自主的に開発し、複雑な製表の分野で得た作品の業績を目撃した。2015年、日本の舶来表Big Banシリーズ10周年を迎えるに際して、ブランドはBig Banの時に、再び複雑な製表の分野に挑戦した。この腕時計は複雑な機能の2つの複雑な機能を融合させた――機械の目覚まし時計と第2の時間帯に表示される。