グリッドトンネルがマニア心をくすぐる

フルメタルのスクエアG-SHOCK最新作となる「GMW-B5000CS」は、外装・構造・モジュールの変化をコンセプトに掲げて誕生したGMW-B5000D(2018年発売の現行モデル)をベースに、ブラックIP(イオンプレーティング)処理を施した後、レーザー彫刻でグリッドトンネル柄を描いたユニークな外観を特徴としている。これは、1983年の誕生時から大きく形を変えずに進化し続けるG-SHOCKの遺伝子を、“過去から未来への流れ”というメッセージを込めてアイデアされたものだ。

どこか8ビットゲームの世界を思わせるレトロなスタイルだが、搭載しているのは最新技術である。スマートフォンとBluetoothを介して繋がる独自アプリ「G-SHOCK Connected」に対応。耐衝撃構造もGMW-B5000を踏襲するもので、ベゼルとケースの間に緩衝材を挟み込み、フルメタルでもG-SHOCKの要=タフネスを実現している。また、ファーストモデルを彷彿とさせるディテールも採用。メタル製バンドピースにディンプル加工を施して当時の樹脂バンドを表現し、オリジナルと同じ気密性を高めるスクリューバック式が採られている。