やはり白黒のほうが高級です。ロレックスのディトンさんは陶磁器の新しいものを鑑賞します。

ロレックスの発展の歴史において、表輪の材質の使用については、あまりにも多くの変化がありました。普通の牡蠣式の金属圏以外に、ロレックスは樹脂、アルミニウム、陶磁器などの材質を使って表輪を作ったことがあります。二年前にロレックスがブルーとブラックの二色の陶磁器の輪を出した時に、全壇を沸かせました。今年、ロレックスが再び成功したのは黒い陶磁器を使ってバーゼルの焦点となりました。
新しい牡蠣式恒動宇宙計測モデル(Oyster Perpetual CosmagraphDaytona)904 Lの腕時計は、ロレックスの研究開発と特許を持つ黒の陶質Crachromの外周を備えています。この最新のデザインはハイテクと特別な美学を一つにして、この伝奇的な時計の卓越した伝統に敬意を表します。
ハイテクで作られた新型Crachrom陶質外輪は多くの長所を持っています。腐食防止だけでなく、傷防止、紫外線照射を受けても色褪せしません。