ダイビングサークルはなぜこんなに重要ですか?

潜水時間(水中時間)は潜水員にとって重要です。彼らは身に蓄積された圧縮窒素が安全限度を超えない前に、ある深さで保持できる最大分数を知る必要があります。窒素が多すぎると、潜水員は直接深海から水面に上がることができなくなり、上昇時に止まって体内の余分なガスを排出する必要があります。高圧環境から急速に低圧環境に移行するため、体内の窒素溶解は飽和限界を超え、全身性疾患を引き起こす。

そのため、潜水員は深さ毎の無滞在時間に注意しなければならない。一般的な補助法は「120の法則」であり、120から最大の深さ(フィート)を引くと、そこで費やすことができる分の数に等しいことを表しています。例えば、80フィートの深さの潜水の中で、無滞在減圧の制限は40分間で、潜水の時間は彼が腕時計の回転テーブルから見たようです。

もし、ある深さが止まることのない時間を超えたら、ダイバーは上昇中に留まり、ゆっくりと減圧して余分なガスを排出しなければなりません。また、酸素ボンベは十分に使われていることを保証します。減圧期間にかかった時間も腕時計に記録されますので、普通のダイバーは回転の目盛りを10~20分前に調整してから水に入ります。