スマートウォッチメーカーPebbleが低価格で販売する

ウェアラブル機器メーカーFitbitがクラウドファンディングから始まったスマートウォッチのスタートアップであるPebbleを買収するかもしれないが、Pebbleの現在の財政状況により、購入価格が高くないと噂されている。競合他社の数が増え市場がより飽和状態になるにつれて、ウェアラブル機器の潮流が徐々に現れてくるようです。

FitbitがPebbleを買収したのは米国のメディア「The Information」が最初で、買収額は少ないが具体的な数値は発表されていないとのことで、Fitbitは知的財産やソフトウェアを含むPebbleの資産を買収する。 Pebbleのブランドと製品に関しては、時間が経つにつれてゆっくりと消灯するようにしましょう。 FitbitとPebbleは現在、この買収の噂に反応していない。

VRが寒いのは暑くて寒いですか?

ChinaJoy2016は先週終わり、上海新国際博覧センター近くの地下鉄駅の急いでいる大邸宅は真夏の上海でユニークな風景となりました。

オタクの目標は非常に明確です:パビリオンのVR(バーチャルリアリティ)ゲーム周辺製品ブース、およびこれらのメーカーによってプラットフォームに招待されたショーガール。

Showgirlのパフォーマンスは意見の問題ですが、2万平方メートルのパビリオン、VRの絶対的な主人公は実際に最善を尽くしています – 伝統的なハードウェア大手Intel、AMD、NVIDIA、またはモバイル大手QualcommにかかわらずVRは独自の強みを発揮し、VRヘッドマウントディスプレイ(「ヘッドアップ」と呼ばれるVRメガネを含む)で優れているHTCおよびSony PS VRも発表されています。コンテンツ制作チームとスタートアップチーム観客が長い列を経験するのを待っているすべてのVRブースは、出展者は “行2時間、経験5分”のプロセスを実装する必要があります…すべて2016年は “VR初年度”だと述べ、この声明は本当です。