ロボットの表情は、男のもう一人の恋人!

もし、兄弟たちが私に聞かれたら、何をつけるべきか、私は躊躇なく答えます。まずは血統のあるスイスの時計でなければなりません。スイスの時計は腕時計界の地位で、スイスの銀行のように、世界トップクラスの技術製品に属しています!贅沢なブランドから庶民価格まで、経典からファッションデザインまで、複雑な機能から信頼性まで、スイスの腕時計は世界の高級腕時計の「代名語」と「業界の名刺」を達成しました。センスのあるエリートの男は、なぜスイスの時計がないのだろうか。
製表技術は最初にほとんど手作りで操作していたが、その後は機械製表があったが、機械のコアで伝動する腕時計は今でも魅力的で、たいていは男に物をいじったり、名車を操ることの天性の一つの原理だろう。小さな、奇妙な機械装置は、男にとってはいつまでも不明な吸引力を持っているようで、機械腕時計は技術が高く、遊ぶ度が高く、コレクションの価値がある。機械瑞表が好きな男はほとんど機械のような品格があります。彼らは誠実で信頼されていて、生活に対して少しもおろそかにしないで、彼らの粗い冷たさについて言って、しかしまた表露出が下手で繊細な一面もあります。
高級車と同じように、スイス紳士の腕時計は、技術の開発によって技術的に勝利し、例えば融合機能(万年暦、カウントダウンなど)、娯楽性(三問新聞)、精確性(同軸捕り、陀飛輪など)のより軽くてもっと持続的な動力の備蓄を持つスイスの男性は、近年の腕時計の成り行きを引き取っているです。しかし、機能が多ければ多いほどいいのではなく、機能が多くても腕時計の価格と後期ケアにより多くの不確実性をもたらしている。自分の実用的な多機能性に合うことができ、瑞表の精度に復帰することができるのが賢明な選択である。結局、スイスの男表の究極の魅力は、複雑な機能のつづりではなく、古典と文化の昔から伝承されている。