時計は時計の針に適しないのが鍵だ

それぞれのブランド、さらに、それぞれの表にも独自の魅力がある。私たちは、時計を購入する時に、時計を選んで自分に合っているかどうか、私たちの標準が何なのかは分からないが、実はとても簡単で、私たちは腕時計の外観を分解して、それぞれの部材のスタイルと特徴を掘り出して、自分自身の時計の習慣によって選択しやすい。今日では、小編みが一番大切にされやすい針から始まります。指針は何の学問があるの?
時計の指針の設計は通常、人々自身の生活習慣によって完成したもので、例えば、高強度運動が好きな人は、細い時計を持ってはいけない。
ベンツのポインタは、多くの腕時計ブランドが採用した定番のデザイン要素であり、設計当初の意図は安定したサポート構造を通して、腕時計の夜光層の大きさによって発生した断裂の問題を改善したいと考えています。しかし今では、潜水表にある夜の光の針に触れるたびに、ロレックスは心の深い第一印象となった。ロレックスのカオイ式のスピリットタイプの腕時計の中では、先端がやや膨れ上がったベンツの針は、丸々とした時の落札だけではなく、闇の中には車が夜幕の中で輝いているようだ。)
宝玉針(皇室気質と高貴なデザイン。1783年、宝玉さんはこの近端部の4分の1に透かし彫りの針があることを設計したが、当時この創作は宝玉先生の多くの時計設計の中で最も目立たないものにすぎない。「宝玉針」が200年以上を延用したことを誰が知っていて、宝玉の最も特色のある外観デザインの一つで、他のブランドの腕時計の模倣の目標となっている。その針を見ると、皇室の気質と高貴なデザインスタイルを連想させる。)