オーデマピゲ発売ロイヤルオーク「イタリア-ミラノ」特別クロノメーター

探索に値する新しい発見に満ちている。ミラノ城にとっては、5月1日に開幕する第42回世界博覧会が、展示美と独特の生活様式の世界の窓となる。せっかくのチャンスに際し、ロレックスコピースイス有名ブランドロイヤルオーク特別オーデマピゲ発表表クロノメーター、これにイタリアとミラノ城に敬意を表する。
表盤の細部からは、イタリアの要素の独特な要素が発見され、30分のカウントダウン盤の赤と白の三色目盛りは、イタリアの国旗の配色からインスピレーションを得ることができる。ケースの底に刻まれ「Swiss MadeリミテッドEdition」(スイス製造限定版)と、この枚の腕時計のバンド――――という珍しいゴム材質は独特で、事実上これまでわずか2002年産のロイヤルオーククロノメーターはかつてこの材料の応用。
タイマー機能とオーデマピゲ運動腕時計の歴史につながっているし、ブランドロイヤルオークシリーズ作品には特殊な地位。41ミリのステンレスの表殻は現代の息吹が濃く、ロイヤルグリが制表界の伝奇になることを特徴としている。1972年の表のと似ている、この限定版クロノメーターの表面に輝くツヤとサテン曳糸交互、形成の微妙な視覚の知覚、8角形の黄金ベゼルを一枚ずつ六角ボルト固定。配備防眩サファイアクリスタル鏡面、螺旋施錠表冠デザインを採用し、この枚クロノメーター防水ごじゅうメートルに達する。