バーゼルには表展展や何がありますか。実はこの街はとても材料がありますよ

バーゼルはスイスの第三大都市(次ぐチューリッヒとジュネーヴ)、バーゼル都市州(徳Basel-Stadt、法Bâle-Ville)の首府、位置はスイス北西の三国交角、北西隣フランスアルザス地域圏、東北とドイツ南北に黒い森山脈に接する。
ライン川その東注北が城を着て行き、バーゼル二分し、大きい者は西岸版図とバーゼル区では、小バーゼル区は、東岸、後者偏生活区で、前者が適して観光客。
旧市街にあふれ、曲がりくねった小道の路地、古い壁によじ登っている緑豊かな緑藤、風変わりな1棟小さな部屋相互たおやかで、人に1種の快適な感じ。
地下鉄はバーゼルは地下鉄はないが、都市交通は発達している。路面電車やバスに乗ってほとんどどこへでも行けて、古風で質樸な電車ベルシャトル町の大通りと路地。
昼のうちは、都市広場に人がいっぱい座ったり、ぼんやりして、あるチャット、あるコーヒーを飲み、そしての太陽を浴びて、都市全体瞬間ような油絵のような凝固。
は市景風光のほか、近くよんじゅう博物館でバーゼルとなったスイス国内最高の都市密集度博物館。中世から、ここは学術と文化の中心として発展してきた。