ロマンチックな中秋の夜は明月の明月を眺めて

言及中秋だけでなく、一家団らんの夜の温もりが浮かんで、明るい月の光さえもまるで撒き散らす進心。月明かりの下で団欒の美を享受して、光は考えてみて、幸福の事です。小さい頃から聞いた嫦娥と月の物語は、後になって、それらの好奇心は少し減っていないと、月の満ち欠け鶴首する。そして、月見にとって、都会の喧騒騒ぎが破壊した閑情エレガントで、もしかすると、私たちが求める新しい月見方式、石で腕時計を見て月曲がってゆく。
手首に月が懸、毎年この時期ではロマンチック。月相機能は著しい発展の後は、機能の技術にの発展は、芸術にも得た拡張。古来、月は空の軌跡を運ぶ損益の運行規則、更に文人や詩人を詠んだのが好きかとして歌う賦、自然法則と思い存分に宿る運動時間、展示心の文字盤の上に、独特な気質と価値。