Bell & Ross発売BR03-94-Rafale新表

受け航空史と技術の発展の啓発を通じて、Bell & Ross各シリーズに1900年以来の民間や軍用航空業に敬意を表する。
さまざまな分野では、軍の事業がずっと先鋒の役を担当している。軍事上の革新はよく使われ、民衆の生活の中で、たとえばインターネットやGPS全地球測位システム、甚だしきに至っては初めて商用ジェット機。达索飛行機製造会社(DassaultAviation)民間や軍用分野の間の先進技術とリンクを冠たるトップ工芸。Bell &Rossと达索飛行機製造会社、航空業と同じ情熱、その熱意に両社それぞれの価値を創造のガイドライン。2013年を祝って、「ファルコン」(Falcon)のジェット旅客機ごじゅう週年誕生のビジネス、Bell & RossはVintage Falcon表項に1960年代の民間航空業に敬意を表する。
同じ年、両社がやっと再び連携して、一緒に記念の市場の上で最も成功した多用途戦闘機:Rafale(風戦闘機。マルセル・达索(Marcel Dassault)は「飛行機ならそうですが、それは飛ばなければならない」。
Bell& Ross継承格言をこの理念を運用:どんなものが精緻で、よりもそれを見せてもっと完璧初心に見える。Bell & Ross RafaleまねをBR 03-94 Rafale時計で、これをこの向う所敵なしの飛行機の誕生日。
RAFALE:融合の技術の多用途戦闘機
1980年代半ば、Rafale計画はまだ始まったばかりの時、フランス空軍、海軍は、彼らが必要と一種類の多用途機種の代わりに7種類の異なるタイプの戦闘機。Rafaleから突然登場する。
このハイテクの戦闘機は、2004年と2006年に別れて入っフランス海軍や空軍に服役が顺調に完成までに若干の飛行機が使命:防空や圧制、爆撃、長距離空襲、対艦作戦、偵察、核抑止や戦闘機の間の空中給油。この「多用途」戦闘機は単一の使命を完成任務で、たとえば同時に空襲を行うと空対空作戦でさえ、低空攻撃に長距離空対空ミサイル発射。Rafaleが持つ「相互操作性」を通じて、通用する技術基準とプログラムと連合軍の合同作戦における役割。