サムスンはセカンドリングスクリーンを携帯できるスマートウォッチを発明しました

最近、米国特許商標庁は、サムソンによって提出された特許出願を発行しました。そこでは、サムソンがセカンドリングスクリーンを搭載できるスマートウォッチを発明したことを明らかにしました。 この機能は、今後のGear Watchシリーズに登場する可能性があります。 Samsungのパテントマップからわかるように、スマートウォッチの文字盤はその周りに輪状の曲面スクリーンを持ち、日付、天気、現在再生中の曲を表示することができます。

一方、Appleは以前に同様の概念を持つ特許出願を発行しており、トロイダル曲線スクリーンデザインも使用していますが、Appleのデザインはユーザーの手首を中心にしています。

フレキシブルスクリーンの技術が進化し続けるにつれて、将来のハンドヘルドまたはウェアラブルデバイスは徐々に湾曲したスクリーンのデザイン要素を増加させ、二次元スクリーンの制約を取り除くことができるデバイス製造業者にとって、スクリーン寸法の増加は意味する 製品をデザインするための無限のアイデアがあります。