「コーナーの時計店」というデザインはどのようにするべきですか?

フィンランド運動が腕時計ブランドSUUNTO(頌拓)が昨年六月中国向けに展開研究に消費者ユーザー体験、奉仕体験デザイナー竜華くんと週添翼と今の腕時計は売り方を変えて。
もちろん、売り場を意味しないSwatchそんな開架方式、結局その陳列過密適合製品は、さまざまなSwatchが他の制品に移す。
エリカさんと週添翼をSUUNTOの調査対象はマニア、普通のファン、知らないブランドの消費者と他のカテゴリーは、最終的な結果は大体こんなユーザーフィードバック数条:腕時計の置き過密、腕時計を不便を理解することができないて、ブランドの特性、サービス員を提供する専門の解答になどできないこともある。
デザイナーは、非中核の消費者にとって、SUUNTOもとのマーケットで中部コーナーを開設、各種時計売り場に集中して並んでガラスの販売の方式、他の腕時計ブランドは等しくて、無力なだけでなく、ブランドの特性は、これらの定価やすい3000元以上のプロスポーツウオッチはきわめて安い。
再設計に時計店になったため、アップグレードしSUUNTOユーザー体験中国市場開拓の必要な措置。今年の夏は、世界初のSUUNTO旗艦店は上海ですする為替開業。
店舗デザイン担当のは上海の1棟の建築デザインスタジオで、共同創業者张朔炯て《好奇心日報」、彼らを作成したいのは「コーナーの時計店」。