Garminの知能光学の心拍の腕時計の時代を解釈します

運動する科学的な研究について絶えず深いのに従って、いくつか基礎のスポーツのデータの上でまた絶えずたくさんいわゆる高位のスポーツのデータを派生しだします。この中は心拍の基礎のために抽出してくるデータ(最大酸素量、乳酸の限界値、体の圧力の点数などを撮影する)で体の状態の評価と訓練効率のが高まるについてこの上ない有益を持っていて、訓練者達の広範な重視を受けました。しかし、どのように手っ取り早い高速はできるだけ正確にリアルタイムの心拍のデータと獲得しますか?この問題をめぐって、人類は絶え間ない探求と試みを開きました。

総じて言えば、現在の市場のスポーツの装備の中に光学の心拍のセンサーの2種類の心拍の測定方法を持つと心拍があります。前者が勝つのが正確性と安定性で高くて、失ったのは体験をつけてよくなくて、快適で適度に不足します;後者がデータを得て手っ取り早くて、虞胸先の束縛がなくて、ずっとデータの正確率と安定性の怪しいのを逃げられないで嫌です。しかし光学の心拍技術の進歩と光学の心拍のセンサーのが絶えずアップグレードするのに従って、運動する腕時計の“光電気の時代”はすでに到来しました。