毛沢東、周恩来、鄧小平はどんな時計をつけますか?

毛沢東、周恩来、鄧小平はすべて私たちの中国の重要な指導者であり、世界で最も有名な政治指導者であり、それらの時間は非常に貴重であると言うことができる。でもその時は今ではいつでも携帯で時間を見ることができて、しかも携帯電話があっても時間を見るのも失礼なので、時間を正確に把握するためには、しっかりした腕時計が必要です。あの人たちはどんな時計をつけていますか。
毛沢東オメガ
毛沢東はその年に天下を打つ時は名の「三不帯」で、銃を持っていないし、2は金を持たず、三は表をつけない。1949年にソビエト連邦のマリンコフ首相がモスクワで毛主席に贈った「カード山」の機械表にしても、1963年にスイス時計代表団が訪問した時に送ったロレックスディ通で、毛沢東もそれを大切にしていた。毛沢東は一生1枚の時計をつけたことがある。それは親友の郭沫若が贈ったオメガの腕時計で、ずっと31年かけて亡くなった。1945年8月28日毛沢東が重慶に行って交渉した時、郭沫若は空港で毛沢東の腕に時計がないのを見て、自分の手にあるオミカの腕時計を毛沢東に贈ったとして、毛沢東は喜んで受け入れた。これからも、毛沢東はずっとこの皿の上の字をかぶっているスイスの名表をつけていたが、毛沢東と郭沫若という2人の歴史の巨人として、50年にわたる真摯な友情は、この腕時計の上で証明された。
周恩来上海表
前世紀の50年代初めの中央最高指導者は、外国へ行く「任務を実行する」という志願軍の指導者や駐留大使の壮行を与えるために、一人一人のスイスの腕時計(ロレックスもオミカを持っていると言われていると言われています)。当時は、全発で、腕時計がペンを出さないか、あるいは万年筆だけで時計を出さないという論争があった。毛沢東か、それとも劉少奇が言ったのか、すべての髪で、人にばかにさせるな。当時、この2つの高級品は香港からわざわざ買ってきたものだったが、周恩来は当時外交部長を兼任していた。1961年に南昌、周恩来は十数年のロレックス「壮行表」を上海の星火魔術団の魔術師の張姫に送った。同年の総理が上海の「解放日報」で掲載した広告を見て、上海では今、いろいろな時計を生産することができ、すぐに部下に対して「私たちが作った上海のカードの時計を買ってくれ」と喜んでいる。この上海メダルの時計は最後まで使われていた。居合わせた同志によると、火化周首相の遺体は、張佐良医師が首相の腕から摘み取ったもので、革命博物館に収蔵されていたという。