歴史「未来へ」を復刻させた大表冠指針式カレンダー時計

大表冠の指針式のカレンダーはスイスの独立したブランドオリアの豪利な時の標識性の製品で、今年の春、ブランドは新しいデザインでこの経典の佳作を再現して、歴史を目撃証言するだけではなくて、更に“の”を未来と現在に向けます。80年前に誕生した大表冠指針式のカレンダー時計は、豪利な110年余りの製表の歴史に重要な地位を占め、それもブランド革新の起点でもある。
80年代の初めに豪利な時は石英革命の余波から出て、再びハイエンドの機械腕時計の策略に専念して、その時から、円潤滑らかな線、経典銭紋表輪、そして目の前の忘れ物の大型表冠、簡潔な表盤の設計、および独特な針式のカレンダーが表示されて、豪利な時の大表冠はきわめて高い認識を持っています度。今日、これらの原汁の原味の経典の元素の基礎の上で維持して、デザイナーは近代的な製表の工芸と審美の需要を導入して、シリーズの新しい金は36 mmと40 mmの2種類のサイズがあります。そしてそれぞれきれいな緑色と憂鬱な深い灰の青を設計します。
豪利には航空の物語が流れ、1938年にはマーク性大表冠が登場し、超大型表冠パイロットが皮手袋を身につけた時にも腕時計を操作することができ、今日の豪利な航空シリーズの腕時計は伝統を続け、アイデアも含めて注目されている。
表盤の直径40 mm、時計の鏡の浮き立つ弧は半世紀前の復古の趣を表して、ブルーの宝石の性能と性質は人に新しい触感を与えます。復古のアラビア数字は、夜の光の材料を持っていて、どんな環境でも簡単に読むことができます。