アークドロ——腕間の真夏日の流れ、一縷の清涼感

青は豊かな色で、空と海という広大な景色が青々としていて、青い色も最も寒い色で、純潔な青はさわやかで穏やかで落ち着いていて、真夏で、青とは暑さの一種の薬です。古くからは「芳菲は何を休んでいるのか、夏の木陽の陰は人のことだ」アークドロブルーの色調腕時計ウブロコピーは、炎天下の真夏の光を表に、ひんやりとした清涼を心に染み込む。
アークドロ時には、針の下に小さな針の下に水が流れていて、繊細なブルーの半透明エナメル層には、水面の清らかな透明が映し出されています。2枚のハスの葉は1つの盛った立体を託して蓮の花を張って、優雅に水面に浮かんでいて、手手の金は葦で水の間に立っている。エナメルの下には、金質の底の波紋の間に、三本のルコイが躍り出て、マンコ・バレエを演じているような姿をして、天成、優雅さを感じさせる。エナメルは、表盤の半部で明るく澄んでいて、徐々に色沢と空と飛鳥彫刻が映えます。
アークドロアートワークショップの大家たちは、このような豊かな静謐な風景を作り、腕の間はまるで波間に輝いているようで、たとえ暑い夏の日でも、この腕時計を携えて、時間のないゆっくりと腕の間に、清涼として心に入る。