日の時計が大贏家カシオG – SHOCKの時計の販売は革新的に高い

日本の三大時計メーカーセイコー、シチズン、カシオが最近発表した時点で、カシオ傘下時計ブランドG – SHOCKになった日係の時計は2016年で最大の勝者。
財務報告によると、カシオ計2016年世界販売850万匹のG – SHOCK腕時計、過去最多を更新。円の上昇の影響を受け、カシオ時計部門の売上高は2015年4%減少したが、現地通貨は決済なら、売上高の5%増の20 %に達し、利益率。更に重要なのは、ライバルにより日本への観光客を売り上げ、G – SHOCK 75%の販売台数は、海外市場から。
G – SHOCKは1983年生まれで、誕生の初めから、耐ショック性、耐久性を強調する。しかし、当時の日本流行薄形の腕時計、外見が豪快なG – SHOCK日本では人気がある。アメリカで放送された広告が、G – SHOCKが注目の転機となった。広告で人々はG – SHOCKとアイスホッケー大会のアイスホッケー使用、広告放送後ローギアアメリカテレビ番組を実験したG – SHOCKの耐久性、ここで知名度アメリカG – SHOCKを獲得。
経日本ファッション雑誌を紹介した後、G – SHOCKやっと日本で注目され、1997年、G – SHOCK創600万売上記録。しかしとても速くて、G – SHOCK販売台数が落ち込み、2001年に売上げは1997年の最高峰の三分の一。「カラーは色や限定アイテムなどファッション要素を感じることが嫌に感じる。」カシオ時計事業部の企画を担当し齐藤慎司。再三考えた後、カシオは再び、耐久性の原点に戻ることを決めた。
広告には、G – SHOCKの耐久性が特に重要なことを表現している。まるで当時アメリカアイスホッケー広告のように、ゴリラのCMシリーズとなったG – SHOCK売上げ高の鍵。
2016年、カシオはネット上で「Gゴリゴリラ破壊篇」の広告を投入した。広告で、1匹の一見凶悪無比のゴリラG – SHOCK怒砸胸を取って、その後はG – SHOCKを投げつけセメントデスクトップ。セメントのデスクトップはゴリラに破壊されて四分五裂にされて、しかし。カシオ招待オスカーの最優秀賞を獲得した視覚効果のADI CM制作会社、ゴリラ迫真の表情をプラス多い広告。
「破壊」篇が人気の後、カシオまた相前後して発売した「ゴリラ街頭スケボー編」や「ゴリラ街頭のバスケットボール編」の広告を改め、「破壊」篇が気力勢を人のイメージは、この遊び回るストリートカルチャーのゴリラはまたが潮範と。
ゴリラのCMシリーズ投入後、G – SHOCKは中国で多くを得るため15-29歳若い男性も消費者、これを強調しカシオ決算で「中国地方によってSNS徹底的に強化宣伝G – SHOCK、例えば発売ゴリラのCMシリーズ第2弾に。」
そこで2017年、このゴリラは、G – SHOCK広告で絶対男性主人公です。宣伝のためにG – SHOCK「マスター・オブG陸の守る者」シリーズの時計防塵、防泥の特徴、怒りのゴリラを転戦する時計続け峡穀原。エンディング、ゴリラにさわってほこりは無傷だったG – SHOCKを満足げに。
記者にアルバム新CMの評価は、あるネットユーザーは「この広告を好きになったこの。」と思う人もいるが、2年連続で打つ腕時計がいくらかのアイデアをゴリラ。
今回の撮影は代表の陸地の「陸の守る者」の広告で、G – SHOCKを強調する防水性、耐重力加圧など違う性能の「陸海空」シリーズの時計。もし決めてましカシオ貫徹ゴリラをG – SHOCKの戦略が、そんなにこのゴリラが未来の広告の中で天海……時計を壊す。消費者の審美疲労を避けるために、G – SHOCK考えるかもしれないどのように更にすばらしい演技を打つ腕時計ゴリラ。