設備市場は、インテルは見通しがないと考えていますか?

引用信源CNBCによると、インテル、2週間前にすでに切り落とささん年前に買収の健康Basis時計会社。Basis業務のありかの新技術集団(New Technologiesグループ)今注目の拡張現実領域。
インテルは、着ている業務の調整について、去年から。昨年じゅういち月、インテルしてBasis業務とは切って80%の従業員は、たくさんの人が要求するのと他部門。インテルは当時、リストラには応じなかったが、業界には撤退しないと言って。
着て設備は一度インテルに見られて。2014、2015年、インテル相前後して買ってしまったBasis会社や自転車頭顕設備会社ReconとFossil、豪雅などファッション時計会社と提携して知能の腕時計、それらを提供するチップ。また、インテルもやっていたことも聞いたことのないスマート製品、知能のイヤホン、健康ブレスレットなど。
2015年よんしよ月、上記の2つの買収されて来た会社、加えて3 Dカメラの感知センサー開発RealSense計算グループ(Perceptual Computingグループ)や測位先端科学技術の新しい設備グループ(New Devicesグループ)を入れて新しい技術グループ内では、Joshua Walden担当上級副社長。
Basis業務は切られてというほか、インテル買ったRecon業務暫時のもっと多くて新しいニュース、知っている新しい調整。
しかし、これらの新しい技術は今までインテルの売上高に対して多少の貢献を提供していません。事実上、インテル今日の最も重要な収入源は、個人向けパソコンのチップ、次はデータセンターグループ、後者は主にサーバー、スーパーコンピュータ用チップの企業の商売。