時間もどこに行った?時計の意味を

正月映画の大家馮小剛監督の春の晩に、曲「時間はどこへ行ってしまった」によって幅広い共鳴。総書記はロシアメディアの取材にも、この人気の句を引用している。金曜日の元宵パーティーで、曲の背景ストーリー主人公家族も加わって、いっそう心。
時間もどこに行った?物理学の角度から言って、人類の既知の生存環境の下、時間で均一な速度振り返らずに流れて。「時間はすべてどこに行きました」の詳細は生老病死の慨嘆、更に多くのは平凡に悔い改めた、実はみんなはすべてとても明らかで、時間はどこで私たちの意誌を移転する。正に「馬親王」が鋭い捕らえたように、托塔天王のこちらから三太子ナーザの大暴れ時(商末週明け)のハンサムなスマートな若者に大暴れ天宮時(後漢の時代に、貞観の朝の500年前)時の馬鹿太り靑年幹部。天の神様さえも、時間の推移に老いていく(商の末から後漢、人間が近づいている千年、天には三年まで)から、地上の人ですか?「時間を急いで刀」、この虚もない。
人間はロマンチックな動物で、私達の思想を受けることができない制限に思いをはせる日のほか、思次のページ。私たちの体は受けの空間と時間軸に制限された二つの制限という人間の悲しい。からじゅうななじゅうしち世紀からの産業革命、実はほとんどの努力でどう突破スペースの制限、列車から自動車まで飛行機へ、私たちだけではなく素早く移動スピードの上で、甚だしきに至っては高度に突破できる地球引力の制限月面着陸、深さに泳いで海の底。スペースの制限は、もはや大難題とはいえない。ただ私たちは歩くのが速い、飛べる高く潜が深いほど、時間は切っても血が出ないポタポタ前に。