积家表傾情賛助2014トロント国際映画祭

カナダトロントで行われた2014トロント国際映画祭明日スター計画の記者会見で、主催者が発表した今年の4位に選ばれた新星、それぞれ:ゾフィー・徳马雷(Sophie Desmarais)、ジュリア・サラ・ストーン(Julia Sarahストーン)、まだ儂・クック(Shannon Kook)及びアレクサンダー・朗德里(Alexandre Landry)。彼らは映画祭期間に集中して専門の育成訓練を受け入れて、国際选に角監督、映画プロデューサー・プロデューサーと開発プロデューサーなど業界の先輩の勉強。緊張の興奮四日間のスケジュールの中で、彼らは手を携えて映画祭には、この世界の舞台の上をカナダ映画業と映画の新鋭まし。明日の星期への獲得者を含むサラ・プラス食事(Sarah Gadon出演)、『星図』(Maps to the Stars)、『佳人蓓爾』(Belle)、いよいよ公開される『若いクリスティーナ女王』(ザガールキング)、ケイティ・柏ランド(Katie Boland);塔提阿娜・瑪斯ラブリタニア(Tatiana Maslany)で、2度の连続テレビドラマ「黒い孤児』(Orphanブラック)で初の最優秀女優賞を獲得してる人、伊夫林·ブロー初(Evelyne Brochu)、出演『黒孤児』(Orphanブラック)、『捨て卒」(Pawn Sacrifice)▽梅根・パーカー(Megan Park)。
トロント国際映画祭のアートディレクターCameron Bailey「落札2014スターの卵たちが風格がそれぞれ異なって、彼らの一人一人が、唯一無二の作品は業界を進出。我々は非常に興奮し彼らを歓迎してこの計画に入選し、希望を彼らはカナダや国際映画業界の発展に味方。」