地域の人びとの交流場、アイリッシュパブをイメージ

2009年、アメリカ・ロサンゼルスにて設立されたシャツブランド、フランク&アイリーン。ブランド名はデザイナーを務めるオードリー・マクローリンの祖父母の名前が由来しており、タグに記載されている「1947」は祖父母が結婚した年。

祖父が着ていた心地よいシャツを再現したいという思いから、130年以上の歴史を持つイタリアの老舗メーカーの生地を使用。シルエットの美しさと着心地の良さを追求したこだわりのアイテムで多くのセレブリティに愛用され人気となっている。第一ボタンが通常の第三ボタンの位置からはじまるウィメンズシャツ、「BARRY」が代表的なスタイルだ。

5月にオープンするフラッグシップストアは、地域の人びとの交流の場所として親しまれているアイリッシュパブをイメージ。定番シャツがメンズ、ウィメンズともに揃うのはもちろん、デニムやニット、ストール、水着、オリジナルジュエリーなども取り扱う。

オープン記念として、ボックスシルエットの新型ウィメンズシャツ「Eileen」が登場。また創立5周年記念した、ブルー×ホワイトのストライプ生地にハートのワンポイントをあしらった限定シャツも発売。こちらは、メンズ「PAUL」とウィメンズ「BARRY」の型で展開される。

さっと羽織るだけでこなれた洗練されたスタイルを演出してくれる注目のシャツブランド、フランク&アイリーン。デザイナーのオードリー・マクローリンが好きなものばかり集めたという、世界初のフラッグシップストアのオープンが楽しみだ。